ザイザルは市販されてる? 市販品との飲み合わせはどう?

ザイザルは市販されてないの? 他の市販薬との相性は?

ザイザルの市販品は存在しません。ではどうすれば入手できるでしょうか?

 

ザイザルの市販は法律で禁止されている


ザイザルの市販は行われていません。実は法律によって「ザイザルの市販はできない」と決められているので、100パーセント市販はされていません。
万が一、ドラッグストアや薬局で売っているのだとすれば、そこが違法なショップであるという事になります。

 

ザイザルの正規品が店頭販売されている事は100%ないので、そのようなショップでは絶対に他の商品も含めて購入しないようにしましょう。まず間違いなく偽物ですし、全く効かずに副作用だけが出る恐れがあります。

 

さて、実際のところは、都道府県知事から認可されている企業でしか、ザイザルを売る事はできない決まりになっています。また、医療従事者でないと売る事が許されていないので、そういった観点で見てもドラッグストアや薬局で売られているはずがないのです。

 

ザイザルを買いたい場合は、病院で診察を行ってもらってから処方してもらう事になると思います。これならば絶対に正規品を買う事ができますし、別の薬を出してもらえる場合もありますし、薬を用いないタイプの治療を施してもらえるケースもあります。

 

ですが、世の中忙しい人が多いですから、医療機関に通う事が難しい方もいると思います。また、ザイザルを入手するためだけに交通費や診察代を発生させるのも、効率が悪いように思えてしまうかもしれません。ですが、このような出費をカットして、ザイザルをリーズナブルに買う事ができる方法が存在します。

 

ザイザルを安く入手したければ個人輸入代行


個人輸入代行を使いましょう。日本に市販品が存在しない薬でも、リーズナブルに簡単に購入する事が可能です。通販がお好きな方は、個人輸入代行の事もご存知かもしれませんし、使った経験のある方もいるかもしれませんね。

 

海外の薬局であればどこでも買えるような薬だとしても、国内では買えないものは山ほど存在します。ですが、個人輸入代行を活用すれば、このような薬品でもあっさり買えるのです。ザイザルを病院での診察を省いて、インターネット通販と似たような工程であっさり購入する事が可能なのです。

 

個人輸入代行を利用すれば、薬の消費ペースに合わせて医療機関に出向く必要性がありませんから、交通費や診察代をカットして、全体的な出費を大幅に削減する事が叶います。

 

多少の手数料は発生しますが、診察代や交通費が毎回発生する事と比べれば微々たるものです。インターネット通販をよく活用している人であれば、特に迷う事なく入手までこぎ着ける事ができると思います。短時間で済みますから、病院に出向く時間が確保できないほどに忙しい人にも向いています。

 

ただ、個人輸入ビギナーの方や、そもそも個人輸入の事を知らなかった人にとっては、まず個人輸入企業選びそのものが難しいかもしれません。
そのような方のために、個人輸入代行企業の内、リーズナブルなものをまとめましたのでぜひご覧ください。

 

※下記はザイザルジェネリック5mg 最安価格(1錠あたり)です。

  1錠価格 ショップ 詳細
73円(最安値!) オオサカ堂 詳細
81円 ドラッグエクスプレス 詳細
125円 アイドラッグマート 詳細

 

ザイザルと市販品の飲み合わせはどうなってる?

 

NSAIDs(解熱鎮痛剤)との飲み合わせ


NSAIDsは「ロキソニン」や「ボルタレン」をはじめとした解熱鎮痛剤の一種です。長い期間服用を続けてしまうと、胃壁にダメージを与えてしまうと副作用があります。悪化すると胃潰瘍になってしまう危険性も持っています。

 

ザイザルはごくまれにではありますが、吐き気や食欲不振の副作用が起こってしまうことがあります。

 

確率も低いですし、症状も弱いものですからザイザルのみを服用しているようであれば無視していいレベルでしょう。しかし、NSAIDsの副作用で胃潰瘍になっている状況であれば、これは避けたいところです。ザイザルの副作用はとても小さな吐き気ですが、NSAIDsの副作用に合わさると大きなものになってしまうかもしれないのです。

 

ですから、NSAIDsの副作用で胃炎が重症化している場合には、ザイザルとの服用は避けておきましょう。

 

NSAIDsとしては例外的に胃への負担が軽い「セレコックス」があります。市販薬ではありませんが、胃への負担を避けられる鎮痛剤が欲しければこちらを使ってみてもいいでしょう。

 

胃腸薬との飲み合わせ


胃腸薬と一口に言っても様々な種類のものがあります。

 

  • 胃の働きを助ける(健胃消化薬・健胃薬)
  • 胃酸分泌を抑制する(H2ブロッカー)
  • 胃酸そのものを中和する
  • 胃粘膜を保護する
  • 胃の筋肉のけいれんによる痛みを緩和する
  • 消化酵素を含みで消化を助ける
  • 上記さまざまな症状に対応できる総合胃腸薬

 

これらには、ザイザルの効果を打ち消したり、また過度に増幅してしまうような効果はありませんから相性はいいと言ってもいいでしょう。

 

むしろ、ザイザルの副作用のちょっとした吐き気に対する対抗手段にもなります。

 

ザイザルの副作用で吐き気や食欲不振が出てしまったら、

 

食欲不振 … 胃の働きを助ける(健胃消化薬・健胃薬)
吐き気 … さまざまな症状に対応できる総合胃腸薬

 

といった形で、症状に合った胃腸薬を服用しましょう。

 

ザイザルと胃腸薬を併用しても大丈夫です。むしろ、副作用が起きた際のケアを行える相性のよさを持っています。

 

風邪薬や花粉症薬との飲み合わせ


風邪薬や花粉症薬には以下のような症状を抑える作用を持っています。

 

くしゃみ
せき
鼻水
など

 

これは風邪薬や花粉症薬に含まれる抗ヒスタミン薬の効果になります。そして、ザイザルは強い効果を持つ抗ヒスタミン薬です。

 

飲み合わせの悪い薬とは基本的に、成分が一緒だったり、効果の方向性が一緒であることが多くなっています。抗ヒスタミン薬であるザイザルとほとんどの物が抗ヒスタミン薬を含んでいる風邪薬と花粉症薬は相性がかなり悪いと言えます。代表的な副作用である眠気も増幅されますので、車の運転前などには絶対にやめた方がいい飲み合わせです。

 

ザイザルと風邪薬・花粉症薬はかなり相性が悪いですので、なるべく一緒に飲まない方がいいでしょう。

 

ザイザルはこんな薬


ザイザルは、アトピー性皮膚炎や湿疹、アレルギー性鼻炎、花粉症などを改善する働きのある抗ヒスタミン薬です。
15歳以上の場合は、一日に一錠を就寝する前に服用をすることで、辛い症状を抑える働きがあります。

 

比較的安全性の高い医薬品ですが、頭痛や眠気、倦怠感などが見られる場合があるので、自動車の運転や高い場所での危険な作業は控える必要があります。
妊娠中や授乳中の人は、普段よりも体がデリケートになっているため、ザイザルを服用できないので、注意をして下さい。
気になる副作用が見られる場合は、服用を中断して、医師の診察を受ける必要があります。

 

現代はアレルギー体質で悩んでいる人や、皮膚の疾患で悩んでいる人が増えているため、ザイザルを服用している人が増えています。
普段は日光の当たらない冷暗所に保管をするようにして、お子様の手の届かない場所に置いておく必要があります。
湿疹や鼻炎、花粉症などは、治療期間が長くなる可能性がありますが、医師の許可なく薬を中断したり、減薬をするのは避ける必要があります。
ザイザルは白色をした錠剤になっており、大人の場合は5㎎の商品を処方されることが多いです。
皮膚の痒みやくしゃみなどの辛い症状を緩和する働きがあります。


http://www.jenwritesstuff.com/ http://www.reggaeprince.com/ http://vbboard.net/ http://nanosprayterapi.com/